日本の技術をアジアへ!

アスカ事業協同組合は、
異業種の協同組合である特徴を活かし、
分野の異なる中小企業の独自技術による支援や
経営ノウハウ等のソフト面での情報提供を通じ、
新規事業を創出し、国内外での事業化を
目標としています。


外国人技能実習生受入れ事業

受入れから帰国まで

外国人技能実習生は、ほぼ初めての来日となりますので、日本語や文化、風習、生活ルール等を理解してもらわなければなりません。そのために、自国において研修期間(3~4か月間)を設けて、日本滞在のために必要な基礎知識教育を実施します。ここでは教育も含め、受入れ相談から帰国までのスケジュールを説明します。

  1. 受入れ相談
  2. 外国人技能実習生受入れのために、「求人国」、「求める人材」や「待遇」などをお伺いした上で、 最適な提案をいたします。

  3. 送出し国現地で、実習生を募集
  4. 受入れ相談で伺った内容を吟味し、条件に合う実習生候補者の募集を求人国送出し機関にて行います。 第一次選考(書類)を行い、筆記試験、面接、身元調査を実施し、実習生候補生を決定します。

  5. 現地での事前教育(3~4か月)
  6. 試験、面接に合格した実習生候補生に対し、現地にて事前教育を実施します。
    ※教育内容は、日本語(挨拶や専門用語含む)、文化、生活習慣などの日本滞在に必要な基礎知識や、業種別の研修を行います。

  7. 来日、集合講習(1か月)
  8. いよいよ技能実習生の来日です。来日後、当組合の提携先講習センターにて、交通ルール、生活ルール、習慣、 マナー等を講習し、外国人登録証明証を発行します。

  9. 企業配属・実習スタート
  10. 事前に設定した加盟組合員企業様での実習カリキュラムに沿って、技能実習をスタートします。

  11. 技能評価試験
  12. 来日から10か月後に実技試験と日本語の試験を行い、この試験に合格すると技能実習2号となります。
    技能実習2号になり、2年目、3年目は後輩の指導をしながら、技能実習を行います。

  13. 技能実習終了・帰国
  14. 技能実習期間満了となると、母国へ帰国となります。

受入れから帰国まで